2013年02月01日

合法メガネも処罰の対象に!

 2013年シーズンからビリヤードのトーナメントにおいて眼鏡の使用が全面禁止されることとなった。
 これは昨日開かれたNBRC(日本ビリヤードルール委員会)総会で決定したもので、今シーズンよりすべての公式戦において眼鏡の使用が禁止され、眼鏡を着用した場合は「大会ごとの競技委員の判断」に基づいて処分が下されることとなる。

 発端は「とあるメガネプロの眼鏡から禁止成分が検出された」(NBRC幹部)ことだという。詳細は明かされていないが、集中力を高める効果が認められているアンフェタミン、厚みの精度を高めるピタアツミン、破壊力を高めるギガドカンといった薬物が検出されたと関係者は見ている。

megane.JPG

 日本全国に眼鏡プレイヤーは推定で50万人いるとされ、混乱は免れない状況にある。
 選手団は「私たちの眼鏡は合法です!」という声明を発表し、合法メガネの使用許可を求める署名活動に入った。NBRCは今後「合法、脱法、違法を問わず眼鏡は禁止。グロープやチョークなどについても徹底的に調査を行う」予定だという。
 しかしビリヤードの社会的影響は大きく、発表から一夜明けた今日、コンタクトレンズ、レーシック施術関連会社は揃ってストップ高を記録した。


※記事中の画像はイメージであり、本文とは一切関係ありません
posted by うそっぷ特派員 at 17:52| Comment(2) | うそっぷニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
手が滑らない、とか訳の分からないことを言って、白い粉末状のものを使用しているプレイヤーを見かけます。試合後の検査を徹底すべきです。
Posted by 職業万引きGメン at 2013年02月08日 22:39
職業万引きGメン 様

ご愛読ありがとうございます。
ご指摘の件についてNBRCに確認を取りましたところ、「そのような疑わしい行為があるとしたら断じて許すことはできない。NBLS(日本ビリヤード法学会)と連携して白い粉末は排除する」という回答をいただきました。
編集部も引き続き不正を追及してまいりますので、ぜひ新しい情報がありましたらよろしくお願いします。
Posted by ふーるぷーる編集部 at 2013年02月09日 16:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。