2013年06月13日

業務提携のお知らせ

日本撞球機構(NDC)による統一球問題に関する検証を行っている最中ですが、弊社はビリヤードウォーカー社と業務提携が決定いたしましたので、ここにご報告申し上げます。

今回の提携にともないふーるぷーるも今月中をメドに移転いたします。
追って新URLを発表させていただく運びとなりますが、この移転に伴い従来の『虚球新聞』へ名称を戻すこととなりました。(読み方に変更はありません)

この名称はお察しの通り、『報道は常に謙虚でなければならない』という弊社創業者の思いが詰まったものです。これを機に編集部一同いっそう気を引き締めて報道に携わる所存です。

それでは統一球問題に関する検証を終えるまで今しばらくお待ちください。


罰金に関する提訴は全面的敗訴となりました。くれぐれも「シュートアウト」と発声しないようご注意ください
posted by うそっぷ特派員 at 15:44| Comment(0) | うそっぷニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

負けた試合も経費を認定!

賞金を獲れなかった試合に係わる費用も経費として認定すべきである。

日本中のアスリートを震撼させた8億円を超える追徴課税を求めた裁判は、上記のような判断が下された。
ただし「利益を申告しなかったことは脱税行為にあたる」として、執行猶予付きの有罪判決となった。

この裁判を傍聴した自動車販売会社社長(50)は「我々も他人事ではなかった。成約にいたらなかった営業経費を算入できなければ、今の2倍の価格で販売しても利益は出せない」と、判決に胸をなでおろした様子だった。

しかし3年間で払い戻し金額、もとい、獲得賞金が30億超えとは、官房長官が「金額にびっくり」と言うのも無理はない。「昨秋からのプチバブルがなければ我が社の時価総額も抜かされるところだった」とはふーるぷーる社代表取締役のコメント。


※時価総額については株価の低迷期に下ブレした数字について触れたものであり、弊社がそうした金額の買収に応じることはございません
posted by うそっぷ特派員 at 17:09| Comment(0) | うそっぷニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

罰金をめぐり選手集団提訴へ

 今年度よりNBRC(日本ビリヤードルール委員会)が制定した罰金制度。これについて賛否湧き上がる中、制度撤回を申し入れていた選手団とNBRCとの協議が不調に終わり、選手団は那覇地方裁判所に提訴したことを明らかにした。

 争点となったのは新制度で定められたペナルティ群における『シュートアウトと発声が認められた際の罰則』の項。これは「プッシュアウト」と言うべき場面で「シュートアウト」と発声した場合に、1回につき1万円の罰金、3回連続で「シュートアウト」と言った場合には15万円のペナルティ(累計17万円)が課せられるというもの。

 原告団の弁護人は「些細な言い間違いを咎め、法外な利益を得ることは許されない」と話し、さらに「団体規約において専属合意管轄裁判所を拠点のない沖縄に定めるなど悪質」とNBRCに対して徹底的に争う構えを見せている。

 一方のNBRCは「我々はルールを遂行するため正式な手続きに則って動いており提訴は遺憾。訴状が届いていないので具体的なコメントはできないが、職員全員で強い意志と決意と水着を携えて沖縄へ行く」と対決姿勢を強める。

 来月に行われる口頭弁論の模様は本誌も全社員で沖縄へ出向いて報道にあたる予定だ。


※判決が出るまでの期間は現状通りの罰金が適用されますので、選手の皆さんは十分にご注意ください
posted by うそっぷ特派員 at 13:08| Comment(0) | うそっぷニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

業務提携のお知らせ

日頃はふーるぷーるをご愛読賜り誠にありがとうございます。
今般の業界動向を踏まえて前進的な業務提携先を募集いたしておりましたが、ビリヤード選手にとって有益な商品を販売しているD社との提携が内々々々定いたしましたので、皆様にはフライングゲットしていただくべくここにご報告申し上げます。
初回の取り扱い商品は・・・
・背が伸びれば届く範囲が増えて戦力増強間違いなし! の【長身グッズ】
・ワイルドさで相手プレイヤーを圧倒しよう! の【ワイルドグッズ】
・不利な展開を一気に打破して主導権を握ろう! の【ピンチをチャンスにグッズ】
の3点となります。
売り切れる前に入手されて、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。




※ご注文の際は『ふーるぷーるで見た』と言っていただくと特典がつきます
posted by うそっぷ特派員 at 20:07| Comment(0) | うそっぷニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

合法メガネも処罰の対象に!

 2013年シーズンからビリヤードのトーナメントにおいて眼鏡の使用が全面禁止されることとなった。
 これは昨日開かれたNBRC(日本ビリヤードルール委員会)総会で決定したもので、今シーズンよりすべての公式戦において眼鏡の使用が禁止され、眼鏡を着用した場合は「大会ごとの競技委員の判断」に基づいて処分が下されることとなる。

 発端は「とあるメガネプロの眼鏡から禁止成分が検出された」(NBRC幹部)ことだという。詳細は明かされていないが、集中力を高める効果が認められているアンフェタミン、厚みの精度を高めるピタアツミン、破壊力を高めるギガドカンといった薬物が検出されたと関係者は見ている。

megane.JPG

 日本全国に眼鏡プレイヤーは推定で50万人いるとされ、混乱は免れない状況にある。
 選手団は「私たちの眼鏡は合法です!」という声明を発表し、合法メガネの使用許可を求める署名活動に入った。NBRCは今後「合法、脱法、違法を問わず眼鏡は禁止。グロープやチョークなどについても徹底的に調査を行う」予定だという。
 しかしビリヤードの社会的影響は大きく、発表から一夜明けた今日、コンタクトレンズ、レーシック施術関連会社は揃ってストップ高を記録した。


※記事中の画像はイメージであり、本文とは一切関係ありません
posted by うそっぷ特派員 at 17:52| Comment(2) | うそっぷニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

配信網再構築のご案内

 平素はビリヤード・ジャーナルでお馴染みの『ふーるぷーる』をご愛読賜り誠にありがとうございます。

 弊社は創業以来、『真実の報道』をモットーに掲げて全力で取り組んでまいりましたが、現状は「更新頻度の高さについていけない」「記事の未着がある」といったご意見が多数寄せられているというものです。
 これらの事象につきまして、社内独自の調査および提携する複数のシンクタンクとも協議をいたしました。結果、弊社がモットーに掲げる『すべての人に撞く権利と知る権利を』の理念に沿うためには、時代に即した情報配信網の再構築が必要であるとの結論に至りましたことを、ここにご報告申し上げます。また、それにともない再投資を行う必要性があることを株主の皆様にはご理解をいただけるものであると信じております。
 協議の結果をご報告申し上げますとともに、我社不変のモットーである『ハイテク報道』に則ったものであることを、読者の皆様に対しご理解を賜りますようお願いする次第でございます。
 
 以下、2013年春をメドに対応完了する予定の新配信システムです。

・FAXによる配信(対象地域:インターネットが開通していない島根県全域、および鳥取県の一部)
・手旗信号による配信(対象地域:電波と郵便が届かない和歌山県の一部、および三重県の一部)
・狼煙による配信(対象地域:山梨県から滋賀県にわたる広域山間部)

tebata.jpg

 今後もふーるぷーる社は常に報道の原点を顧みながら前進や後退を続けてゆく所存ですゆえ、変わらぬご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。


※九州地方へは山口、愛媛から信号弾による配信を検討中ですのでご期待下さい(2015年夏予定)
posted by うそっぷ特派員 at 17:45| Comment(0) | うそっぷニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

来年の漢字を発表!

kanji2014.jpg

 日本撞球漢字協会は、先ごろ発表された今年の撞球漢字に関する緊急記者会見を行い、「寛永年間から我々が続けてきた活動を著しく軽視した暴挙である」と厳しく非難するとともに、今後は『今年の漢字』をとりやめ『来年の漢字』を発表する」という声明を出した。

 同会によると『今年の漢字』は400年近く続けてきた伝統と歴史ある行事であるという。そこに思わぬ横槍が入った形となったが、「我々は朝廷のお墨付きで活動を行ってきたものの、今それを証明する方法がないため、争うことはせず平成の時代にふさわしい進化した行事へと変化する好機ととらえて」、『来年の漢字』という何やら怪しい方向に転じることに。

 会見の場で発表された2014年の漢字は『参』。
 主な理由としては『公式戦参連勝』『大会参連覇』『参加賞の普及』などに加えて全国のビリヤード場において『参りました』という言葉が流行語大賞に選ばれる、という予想が織り込まれている。
 なお、「『惨敗』『惨劇』など『悲惨な状況』が続いた場合には“りっしんべん”が付く可能性も」あるという。

 ふーるぷーる社においても新年は球屋参りに始まり、トーナメントにも「参加することに意義がある」一年にしてゆく所存です。
 今年一年のご愛読に深く御礼を申し上げますとともに、読者の皆様にとって明るい素敵な新年を迎えられますことを祈念いたしまして、暮れの元気なご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。


※『来年の漢字』は年が明けますと『今年の漢字』となり、プロテスト等に出題される見込みですので、受験される方はご注意ください
posted by うそっぷ特派員 at 11:40| Comment(0) | うそっぷニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

座禅の会との提携白紙に

zazen.jpg

 試合会場をシェアして会場費のコスト減を目論む『シェアリング・プロジェクト』(SP)は、来年度から予定していた座禅の会との提携を白紙に戻したことを明らかにした。

 会見によるとビリヤードの試合会場において観客席の一部を借り受ける意向を示していた『座禅の会』(本部・尼崎市)と一旦は提携することで合意を得たが、最終協議の段階で白紙撤回となったという。
 障壁となったのは「警策(きょうさく)で肩を叩く際に発生する音がプレーの妨げになる」という点。これに対して座禅の会側は「ハード叩きを禁止してソフト叩きで対応したい」と歩み寄る姿勢を見せたが、「罰則を設けないルールなど守られる根拠がない」(ビリヤード大会主催者サイド)という厳しいコメントとともに却下を決定を下した。

 SP広報によると、「囲碁の会」や「いけばな同好会」などからのオファーも同様の理由で断ったことを明かし、今後は「写経同友会」「瞑想の会」などと引き続きシェアリングについて協議を進めていくという。また「キャパも静寂度も申し分がない」として大手予備校からのオファーもあるということで、白熱する空席獲得競争は衰える気配を見せず、観客席ビジネスはまだまだ売り手市場が続く見込みだ。


※来年度分の空席が残り少なくなっております。観戦をご予定の方はお早めにお買い求めください
posted by うそっぷ特派員 at 00:04| Comment(0) | うそっぷニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

女性アスリートが新記録!

 ジャパン・アスリート・リサーチ社(JAR)は12月1日付で「女性アスリートの出生最多記録はビリヤード選手」であると発表した。

 今回ノミネートされたのは福岡市に住むプロビリヤード選手のRinda(リンダ)さん。11月29日に第5子を出産して、現役女性アスリートの5人目出産は最多と認定された。
 プロアスリートでは過去にも工藤公康選手や川相昌弘選手(ともにプロ野球)が5人の子供をもうけており、参考記録として認定されていたが女性アスリートとしては新記録。ギネスブックへの申請は検討中だという。

 この偉業達成に際してJAR社は「多くのアスリート・マザーを勇気づける快挙」として「スポンサー獲得に助力したい」と支援に力を入れる姿勢を見せている。主な要請先候補はP&G社にパンパース1年分、三起商行社にウェア7人分、など。

 一連の表彰や支援の申し出についてリンダさんは「ワタシハカキピーイチネンブンガイイネ」と、ジョークを交えた流暢な日本語で答えたという。

***

この度のご出産に際し心よりお祝い申し上げますとともに、更なるご活躍をお祈り申し上げます。 ふーるぷーる編集部一同


※記事表記中のリンダさんの『Rinda』は誤りで、正しくは『Linda』でした。訂正してお詫び申し上げます。
posted by うそっぷ特派員 at 16:43| Comment(0) | うそっぷニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

実践ビジネス撞球会話 訂正のご案内

1206text.jpg

ビジネス撞球会話オフィス編をお買い求めいただき誠にありがとうございます。
一部、ページに印刷ミスがございましたので、ここに訂正してお詫び申し上げます。

P11

部長「なぜA社の接待にB店を使ったんだ!? あそこの専務は鶏肉が好物なのは君も知っているだろう? あきらかにポジションミスだよ。どうせ2軒目でしっとり楽しもうなんて思ってイレイチしたんじゃないのかね?」

部下「お言葉を返すようですが部長。あの日、いきなり夕方にパスをして私にターンしたのは部長でした。もうエクステンションも残っていない状況で握ったジャンプキューですよ。そりゃあイレポンだったかもしれませんが、ファールしなかっただけでナイスショットだと誉めてもらいたいくらいです」

部長「そうだったかねえ。それはすまなかった。では私も同行するから、近々リカバリーショットを決めようじゃないか」

部下「それなら任せてください! 実はツーウェイでもう一軒いい店を用意してありますから、向こうの専務もきっと喜んで下さいますよ」

部長「おお、それは楽しみだねえ。君も組み立てが上手くなったからなあ。ハハハ」

部下「そりゃあポジショニングは部長に鍛えていただきましたから」

部長「君もそろそろクラスを上げた方がいいな。私から本部長に君の上達ぶりは伝えてあるから任せなさい」

部下「おっと、スタンバイコールが入ったので失礼します」

部長「そうか。がんばってくれよ。くれぐれもキューミスだけはしないようにな」

以下略

の例文中に専務とありますが、正しくは常務の間違いでした。ここに訂正してお詫びいたします。


※特報を予定していた『尼崎安全宣言』は情報に不明朗な点があり発表を延期いたしました。付近を訪れる際はくれぐれもご注意ください
posted by うそっぷ特派員 at 22:57| Comment(2) | うそっぷニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。